入ってはいけない運送会社一覧!運送業はやめとけ?ブラックランキングを公開!

入ってはいけない運送会社

 

現実的な視点で考えた場合、どのような職種であってもブラック的要素を持つ会社は必ず存在します。

それはある意味実情としての問題でもあり、世の常としても受け入れなければならない事実になっています。

では運送会社の場合ではどうでしょう。

一般的にも「会社選びでは注意すべき点を持つ業種」とも言われておりますよね?

今回は入ってはいけない運送会社についてをランキングや項目毎で分け、実状としての内容も併せて詳しく解説していきます!

 

目次

入ってはいけない運送会社の特徴とは

この場合で共通するのは法令遵守としての意識が低く、安全運行を蔑ろにすると言った点です。

一括りにすれば安全運行を第一とはせず、上司が直接「この荷物を延着させずに届けろ!」と本人に口頭で言ってくるような会社。

つまりは「乗務員の命」よりも、「会社の利益を重んじる」と言った運送会社の体質が主な特徴として挙げられます。

 

入ってはいけない運送会社ブラックランキング一覧

働き方への見直しや労働基準法改正による改善は見受けられるものの、ブラックとされてる運送会社は未だに存在しています。

ただSNSを駆使する現代では知識や情報が優位とされ、必ずしもでなくとも「ある程度の危険予測は可能」とも考えられます。

以下の一覧ではそれまでの情報をもとに、ブラックランキングに挙げられる5社でまとめておりますので参考として頂きたい。

1位 佐川急便
2位 西濃運輸
3位 福山通運
4位 ヤマト運輸
5位 日本通運

気付かれたと思いますが、この5社は日本の運送業界を支えるトップ5社です。

社員数もとてつもなく多いので口コミも多く、どうしてもブラックという話がでても仕方がない面はあります。

大きい会社から小さい会社まで知り尽くしている私からこの5社をみると、手厚い福利厚生などのメリットが必ずあります。

ブラック企業にノミネートされているからといって敬遠するのではなく、ノミネートされた背景や大手企業のメリットも考慮する必要はありそうです。

以下で大手5社がブラックややばいと言われる理由についても解説してみます。

 

佐川急便はきついしやめとけ?

佐川急便のドライバー職が「やめとけ」と言われる理由について、インターネット上の情報をまとめてみました。

1.肉体労働できつい

佐川急便のドライバーの仕事は、荷物の積み下ろしや配達といった肉体労働が主な業務となります。

これにより、体力的に厳しいと感じる人も多いです。

2.営業ノルマがある

佐川急便のドライバーには「セールスドライバー」という概念があり、荷物を運ぶだけでなく、新規の顧客獲得や集荷のノルマが課せられることもあります。

これにより、営業活動に苦労するドライバーもいます。

お中元やお歳暮の時期は特に大変になります。

3.長時間労働

配達エリアや荷物の量によっては、長時間労働となることもあります。

プライベートの時間が取れないと感じるドライバーも多いです。

 

西濃運輸はやばい?

西濃運輸のドライバー職が「やばい」と言われる理由は以下です。

1.長時間労働

運送業界全体に言えることですが、特に西濃運輸のドライバーは長時間労働が求められることが多いようです。

これは、配達エリアの広さや荷物の量によるもので、休憩時間が取りづらい状況もあります。

2.肉体労働

運送業は基本的に肉体労働であり、荷物の積み下ろしや配達など、体力を必要とする作業が多いです。

なので、体力的に厳しいと感じる人が多いです。

3.待遇面の問題

西濃運輸の福利厚生は一部で評価されていますが、それでも待遇面で不満を持つドライバーもいるようです。

具体的には、給与面や休日の取得などが問題となることがあるようです。

 

福山通運はやばい?

福山通運のドライバー職が「やばい」と言われる理由について、インターネット上の情報をまとめてみました。

1.自腹がある

福山通運では、交通事故が起こった際にドライバーに自腹で賠償させるという口コミがありました。

一般的には、損害賠償は会社が負担することが多いですが、福山通運ではその責任をドライバーに求めるケースもあります。

実は筆者も福通の路線便を走らせて頂いていた頃は自腹で払ったことがありました。

2.長時間労働

運送業界全体に言えることですが、福山通運のドライバーも長時間労働が求められることが多いです。

これは、配達エリアの広さや荷物の量によるもので、休憩時間が取りづらい状況もあります。

3.肉体労働

福山通運で扱う荷物は、手積み手下ろしが基本となっています。

これにより、体力的に厳しいと感じる人も多いです。

 

ヤマト運輸はブラック?

ヤマト運輸のドライバー職が「ブラック」と言われる理由について、インターネット上の情報を基に説明します。

1.長時間労働

ネット通販の爆発的な普及に伴う荷物量の急増により、ヤマト運輸のドライバーは長時間労働が求められることが多いです。

これは、配達エリアの広さや荷物の量によるもので、休憩時間が取りづらい状況もあります。

2.肉体労働

ヤマト運輸のドライバーは、荷物の積み下ろしや配達など、体力を必要とする作業が多いです。

これにより、体力的に厳しいと感じる人も多いようです。

しかし路線便やセンター間輸送はカゴ輸送であり、ヤマト運輸の運行者はかなりの人気職となっています。

3.営業ノルマがある

ヤマト運輸のドライバーには「セールスドライバー」という概念があり、荷物を運ぶだけでなく、新規の顧客獲得や集荷のノルマが課せられることもあります。

これにより、営業活動に苦労するドライバーもいるようです。

 

日本通運はブラックでやばい?

日本通運のドライバー職が「やばい」と言われる理由について、インターネット上の情報を基に説明します。

1.長時間労働

日本通運のドライバーも、運送業界全体の傾向として長時間労働が求められることが多いようです。

これは、配達エリアの広さや荷物の量によるもので、休憩時間が取りづらい状況からの理由でしょう。

2.肉体労働

日本通運のドライバーは、荷物の積み下ろしや配達など、体力を必要とする作業が多いです。

これにより、体力的に厳しいと感じる人も多いようです。

3.給与が低い

日本通運のドライバーの給与は、業界平均に比べて低いとの声もあります。

これは、業績や経験によるもので、給与面での不満を感じるドライバーもいるようです。

 

以上のような理由から、大手5社のドライバー職は厳しいと感じる人も多いようです。

しかし、これらの情報は一部の意見であり、全てのドライバーが同じ経験をしているわけではないことをご理解ください。

 

大手5社の給料や福利厚生などはこちらのドラEVERで確認できます。

10秒の簡単登録で完全無料で利用できます。

>>ドラEVERで大手5社の求人を見てみる

 

ブラック運送会社の逆→ホワイトな運送会社のランキングをまとめてみました。
こちらの記事で詳しくご紹介していますのでご確認ください。
あわせて読みたい
運送会社のホワイト企業ランキング!評判のいい運送会社はどこ?日本一給料の高い運送会社とは! 一昔前までは様々な企業にて、当たり前のように問題視していた雇用問題… 労働に於ける環境や待遇など、主に働き手側からの評価という観点でもホワイト企業としての定義...

 

入ってはいけない運送会社一覧 岡山

岡山で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の岡山県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>岡山県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 福岡

福岡で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の福岡県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>福岡県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 埼玉県

埼玉県で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の埼玉県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>埼玉県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 佐賀

佐賀で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の佐賀県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>佐賀県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 新潟

新潟で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の新潟県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>新潟県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 大阪

大阪で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の大阪のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>大阪のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 宮城

宮城で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の宮城県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>宮城県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 北海道

北海道で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の北海道のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>北海道のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 神奈川

神奈川で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の神奈川県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>神奈川県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 福島

福島で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の福島県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>福島県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 石川県

石川県で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の石川県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>石川県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 千葉

千葉で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の千葉県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>千葉県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 三重県

三重県で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の三重県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>三重県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 長野県

長野県で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の長野県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>長野県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 愛媛

愛媛で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の愛媛県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>愛媛県のブラック企業一覧はこちらより

 

入ってはいけない運送会社一覧 愛知県

愛知県で「入ってはいけない」と言われる運送会社については、「全国法人リスト」の愛知県のブラック企業一覧を参考にされてください。

こちらには法令違反や行政処分を受けた企業が記載されています。

※その後改善しホワイト企業になっている企業も多くありますので、あくまで過去の違反事例として参考程度にされてください。

>>愛知県のブラック企業一覧はこちらより

 

運送業はブラックが多い?

運送会社によっては雇用条件や配属先など、労働環境によっても待遇は左右されますので一概にはブラックと決めつけられません。

またそもそもからして業界の抱える問題や、一企業としての総体的な負担も影響しているとも言われてます。

ただこの業界に関しては入社し、勤務して初めてわかる事実も多い事から「一般的にもブラックが多い業種」で周知されています。

 

運送業は今でもやばい?

正直なところ、実態としては「決してやばくない」とは言い切れません。

やり甲斐の有無で考えた場合、心得る価値観次第では視点も変わり、また取り組み方に対する考えもそれぞれで異なります。

ただ拭えないものとしては「内部事情としての問題」の他、「運転手の素行不良」や「事故率が高い」等がどうしても挙げられます。

 

評判の悪い運送会社の特徴とは

会社の経営方法それぞれにその業種特有のクセがあり、それが社員にとっての不相応となれば会社に対する不評へと繋がります。

特に運送会社では厳しい労働条件下が背景となる場合も多く、過密なスケジュールが結果としてドライバーを追い詰めます。

【評判の悪い運送会社としての要因】

・給料や仕事内容に於いて当初とは異なる相違がある
・雇用契約であるはずが請負契約となっている
・常に求人案件を出している?(社員の入れ替わりが激しい)
などなど…

 

マナーの悪い運送会社の特徴は

まず「マナー」で判断される傾向にあるのはドライバーであり、結果としては運送会社の指導不行き届きとしての扱いになります。

「譲り合い精神に欠ける運転」や「荷下ろし先での悪態」など、ましてや得意先での揉め事や喧嘩などもってのほか。

ドライバーのマナーが悪い場合、その全ての責任が雇用主である「運送会社のマナー」として反映されます。

雇用する側としての扱いを始め、ドライバーへの教育は運送会社の理念や方針によって成り立たせている事が殆ど。

つまり「ドライバーのマナーが悪ければ、それはマナーの悪い運送会社によるもの」として結論付けられます。

 

小さい会社はやめとけ?

業種や会社の大小に関わらず、真っ当な経営をする会社もあれば、ブラックな経営をしている会社は常に存在します。

つまりは雇用される側としての視点に於いて、会社の規模が全ての信用度に繋がるとは一概に決められません。

ただ一般的な見解では「小さい会社=ブラック」といった解釈も多く、「現実問題を併せた視野」も必要になります。

 

まともな運送会社はこんな会社

運送会社の規模に関わらず、まずはドライバーを大切に扱うシステムが「成立しているか・していないか」が鍵となります。

社員の声をしっかり聞き、労働に見合った給与を支払うか?や、休日補償や福利厚生への労働契約がしっかりしているか等。

あと車両を整備する環境やドライブレコーダーへの充実度など、「安全重視であればまずはまとも」と判断できます。

 

結局運送業はやめとけ?

一般的な見解となると運送業は体力を必要とする作業が多く、業種別で見る位置付けではどうしても「底辺」と見られがちです。

ではその要因となるのはどういった事柄なのか?以下ではそれらについての代表的な例を幾つか挙げてみました。

体力的にきつい
労働時間が長い(走る距離によっては異なる場合もある)
基本が運転業務な為、事故のリスクがある
ブラック企業が多いと言われる業界(労働基準法から外れた経営方針をとる)
などなど…

ただし上記にある項目は「あくまで一般論からの見解」であり、運送業の全てに該当しないという事も考慮しておきましょう。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

今回では一般的にもはいってはいけない運送会社についての実態から、実情までの事柄をそれぞれの視点でまとめてみました。

給与、また労働環境としての待遇や、雇い側である会社自体の評判などは業種問わない課題とも言えるでしょう。

運送業の場合、比較的底辺と見られますがそれは世間が決めたイメージに過ぎず、「結局は自身の見極め」が鍵となるのです。

目次