【2024年問題】ヤマト運輸の給料は一体どうなる?

記事内にプロモーションを含む場合があります

【2024年問題】ヤマト運輸の給料はどうなる 運送/物流会社別
この記事は約2分で読めます。

2024年問題とは、運送業界が直面している労働時間短縮の課題を指す言葉です。

この問題は、2024年に施行される労働基準法の改正により、運送業界の労働時間が大幅に短縮されることから懸念されています。

さて、この問題が大手運送会社のヤマト運輸の給料にどのような影響を及ぼすのか、勝手に予想してみました。

 

ヤマト運輸の給料の仕組み

まず、ヤマト運輸の給料体系は、基本給と業績に基づくインセンティブで構成されています。

運送業界全体の平均年収と比較すると、ヤマト運輸の平均年収は501万円となっています。

しかし、2024年問題により労働時間が短縮されると、業績に基づくインセンティブが減少する可能性があります。

これは、労働時間が短くなることで配送量が減り、それに伴いインセンティブも減少するからです。

 

ヤマト運輸の対策

ヤマト運輸はこの問題に対して様々な対策を考えています。

その一つが、ITシステムの活用です。

配送ルート最適化アプリを導入することで、AIが配送ルートを作成し、ドライバーの経験の有無を問わず誰でも効率的な配送ルートを作成できます。

これにより、労働時間が短縮されても配送量を維持し、インセンティブの減少を防ぐことが期待されます。

また、ヤマト運輸はM&A(企業の合併・買収)を実施することも考えています。

これにより、業務範囲を拡大し、給料体系を維持することが可能になるでしょう。

 

まとめ

以上のように、2024年問題はヤマト運輸の給料に影響を及ぼす可能性がありますが、ヤマト運輸は様々な対策を考えています。

その結果、給料体系に大きな変動があるかどうかはこれらの対策がどの程度効果を発揮するかによると言えるでしょう。

今回は短い記事となりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました